• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リクガメの器具について

アイランドやまがみ北野店はセール真っ只中です!!
今日は日曜日という事もあり駐車場は満杯!!

そして爬虫類ケージも大量入荷で溢れています。


nikki1310133.jpg

水槽でも飼育可能ですが保温器具の「暖突」を設置する場合や、その他メンテナンス性を考えると、
専用ケージは

使い勝手が抜群です。

脱走の危険もほぼ皆無ですしバスキングランプの固定も直接ボルト止めが出来てスッキリ設置出来ますね。


・イエアメガエル

nikki1310131.jpg


まるで鏡のようですが2匹が向かい合っているのです。
この何とも癒し系のカエルが人気です。
ポトスなどの固めの観葉植物を入れるレイアウトがお勧めです。



・ギリシャリクガメ

nikki1310132.jpg

人気のリクガメですが最近は高価な品揃えになっていたので、
比較的手頃な価格のギリシャを入れました。
安心サイズでエサ食い抜群です。

初心者でヘルマンは少し高いなぁという方には、
このギリシャがお勧めです。
見た目そっくりでサイズも少し小さく、
色柄のバリエーションも豊かで選ぶ楽しさがありますね。

必要な飼育器具としてはこんな感じです。

nikki1310134.jpg

・らんちゅう水槽60cm
・エキゾテラコンパクトトップ30
・エキゾテラUVBランプ
・クリップスタンド
・保温ランプ50w
・ヤシガラマット
・カルシウム剤


これだけ集めると合計金額は12000円くらいです。
夜間に冷える場合は、これに夜用の保温ランプを追加するので2千円〜3千円追加となります。

1万円のリクガメを飼育するのに1万円以上の機材が必要ではありますが、
昼間生活する爬虫類を飼育する上で紫外線は欠かせません。
リクガメにバスキングランプも欠かせません。

とても重要で必要な飼育器具なのです。

ケチらずに用意してあげましょう!


私個人的にはワンタッチスタンドではなく、
ソケットカバーの付いたカミハタのテラにして、
バスキングの保温ランプもカミハタのハロゲン50Wにしますね。

nikki1310135.jpg

カミハタハロゲンは防水性が高く超寿命です。
ランプの作りが2重構造なので、触ってしまってもヤケドしづらいです。
通常の保温ランプは触った瞬間にヤケドしますから、メンテナンスに気を使いますからね。
亀ならジャンプしませんのでヤケドの心配はありませんが、
トカゲなど保温ランプに飛び乗るタイプはヤケドリクスを下げるためにも、
このハロゲンがお勧めなのです。高いけど。

プロフィール

店長五島

Author:店長五島
monsterskeeperやまがみ店

中央区から清田区の大型店に引っ越ししました。広い店内、高い天井、駐車場豊富、24時間空調の好環境に惹かれて移転したものの、ウサギアレルギーで箱ティッシュが手放せません。プラズマクラスター化計画中です。

〒004-0865
北海道
札幌市清田区北野5条2丁目6-15
アイランドやまがみ北野店内
011-555-8292

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。